本を読もう!!VIVA読書!【LIST編FC2】

【絵本から専門書まで】塾講師が、生徒やご父母にお薦めの本をご紹介!本体【goo】の書評リスト編です。コメント大歓迎!  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『賃労働と資本』 カール・マルクス 長谷部文雄(訳)


賃労働と資本.jpg




今日が本当の“メーデー” ですね(笑)。今日も代々木公園で集会があり、道路は大渋滞でした。メーデーの式典が4月と5月1日、別々の日にあるなんて、日本以外にあるんでしょうか。WIKIによると中国などのように、5月1日を祝日としている国もあるようですが、日本では労働運動が分裂している最も象徴的な現象ですね。


さて、マルクスです。本書は日本では昭和13年に発禁になり、戦後再刊されたものだそうです。もちろん私は、社会主義者でも共産主義者でもありません。


が、あえてご紹介するのは、経済学者であり、革命家でもあるマルクスが、思想史的にも非常に重大な影響を及ぼしたのは事実であっても、今の高校生はほとんどマルクスを知らないからです。20世紀最も影響力のあった思想家の一人だと言われているのにもかかわらず。

我々が高校で政治経済を習った頃は、ケインズ と マルクスが一番よく出てきたのですが、今はどうも違うようですね。資本主義VS社会(共産)主義の戦いはケリがついたということでしょうか、あるいはもっと経済が複雑化したということでしょうか。

いまや、あの中国までもが市場経済に移行しつつある中ですから、今さらマルクス経済や共産主義を学ぼうとする人が少なくなるのは当然ですが、世界を動かしたプロレタリア革命の根本的な考えとは何か、やはり知っておいた方が良いだろうと思って取り上げてみました。


マルクスといえば、『資本論』ですが、資本論はとても長く、難解なのだそうです。すみません。私も読んでいません。

本書はその入門書と位置付けられ、全くそういった、社会主義だの経済という学問的知識のない労働者相手にマルクスが演説をした時の内容が下敷きになった一冊で、読みやすくなっています。


わずか110ページほどで、平易な言葉で革命の必要性を説いています。100年以上も前、マルクスはこうして労働者たちに訴えたのかということがわかります。決して古くないなという印象で、勉強になりました。



■ ブログランキング ■


記事が参考になりましたらクリックしていただけるとありがたいです。 


(3位)

にほんブログ村 本ブログへ(1位) 


ブログランキング(1位)


(7位)

(1位)
  
http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】












賃労働と資本

岩波書店

詳細








資本論〈第1巻(上)〉

筑摩書房

詳細

 



 

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/01(火) 15:43:26|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『死にゆく妻との旅路』 清水久典 | ホーム | ゴールデンウィーク こいのぼり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivabooks.blog68.fc2.com/tb.php/465-08ad7af3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

VIVA読書

Author:VIVA読書
■Gooブログの写しです■

英語講師で学習塾経営者です。

【本】や【英語】【勉強】に関することでしたら、気軽にコメント、トラックバックして下さい。

フリーエリア

powered by Research Artisan

最近の記事

一覧:LIST

全ての記事を表示する

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ検索

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Auther へ MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア



本を読もう!!VIVA読書!【LIST編FC2】



Subscribe to 本を読もう!!VIVA読書!【LIST編FC2】

はてなRSS


ブログ(blog)ならFC2




Google PageRank™

RSSフィード

フリーエリア

ページランクブログ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。