本を読もう!!VIVA読書!【LIST編FC2】

【絵本から専門書まで】塾講師が、生徒やご父母にお薦めの本をご紹介!本体【goo】の書評リスト編です。コメント大歓迎!  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

引越し



 突然で大変申し訳ないのですが、このブログは goo ブログへ引っ越しました。


 


 こちら ⇒  本を読もう!VIVA読書! (goo) 


 


 これからも、よろしくお願いします。m(__)m

スポンサーサイト
  1. 2007/05/04(金) 06:32:57|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『読売VS朝日(社説対決50年)』 読売新聞論説委員会編・井沢元彦解説


読売VS朝日.jpg



憲法記念日ですよ、生徒諸君!新聞社はみな憲法に関してそれぞれ社説で意見を述べています。ぜひ読み比べてもらいたい。新聞を買わなくても、ネットで読めるからね。産経新聞のサイトに他社の社説へのリンクが付いているから便利。いろいろな意見があって勉強になります。

 ⇒ Sankeiweb



小泉前首相が訪朝し、北朝鮮が拉致を認めて以降、すっかり言論、特に国防や憲法に関して次々とオープンになってきました。以前は政治家が改憲などを口にすることは、即、“タカ派” のレッテルが貼られて、議論すらタブーのように感じていましたが。

今や、総理大臣が堂々と憲法改正を訴えて選挙をするかもしれないという状況で、ほとんどの世論調査で改憲が支持されているというのは、実に隔世の感があります。

今から15年くらい前でしょうか、読売新聞が自ら改憲試案をど~んと掲載した時は本当に驚きました。私は読売新聞のあの不遜な態度の○○さんは、絶対に好きにはなれませんし(笑)、朝日新聞はもう…、申し上げるまでもないかな(笑)。


読売に関しては、『虚飾のメディア』で、朝日に関しては『メディアの迷走』 を取り上げましたし、また、以前ご紹介した名著 『社会調査のウソ』 を見れば、読売が改憲、朝日が護憲の立場から、どちらも世論操作を行っているのは明白です。

が、それでも本書は興味深い一冊でした。


戦後、同一テーマについて書かれた両新聞社の社説を比較するという企画です。サンフランシスコ講和条約から始まり、消費税、日の丸君が代問題、石原都知事発言、歴史教科書問題など、両社の主張が大きく異なった30以上の話題を取り上げています。  

一応それぞれの論争にレフェリー役の作家、井沢元彦氏がコメントをするのですが、氏の判定では読売のほぼ一方的な勝利になっています。事実、時の経過によって“読売が正しかった” と証明されたものが多いようですが、個人的には、井沢氏の判定ほど一方的ではないような気がします。


本書の編集は読売側が行なっているため、(また中央公論というのは確か読売が買収したと記憶しています)、議論の形式は見かけ上は公平であっても、題材の選び方、コメントテーターの人選など、あらゆる点でそう言えるかどうかはかなり疑問です。

下世話に言えば、“読売が朝日にケンカを売り、朝日はコテンパンにやられた”形になっていますが、ただ、仮に不公平な設定であれば、今後、朝日新聞が同種の企画をして、反撃をしてくれることをぜひ期待します。  


二社の優劣はさておき、日本の世論をリードしてきた大新聞の社説を比較し、検討を加えるというのは、極めて単純な方法ですが、人々に与えた影響力を考えるとジャーナリズムの歴史的な資料ですね。

掘り下げ方次第で大学生の研究論文の対象にもなるでしょうし、中学生レベルでも非常にわかりやすい手法です。新聞の社説ですから、普通の中学生にとっては平易な内容ではありませんが…。


高校生以上なら、難解なところは飛ばし、自分の興味のある話題だけで構わないのでぜひ読んでもらいたいなと思う一冊です。そして、それらについて、できれば自分なりの意見を持つ、さらに他紙を調べても良い、そうすることは絶好の知的訓練になると思います。


また、一口に新聞と言えどもこれほど大きく主張が異なる、新聞に書いてあることは必ずしも一致しないし、正しくないということを明確に教えてくれるという点で本書を推薦したいと思います。

1 1950~70年代(講和条約;60年安保;70年安保)

2 80年代(モスクワ・オリンピック;82年元旦社説;84年元旦社説 ほか)

3 90年代以降(PKO;村山社会党、安保・自衛隊政策転換;憲法改正試案発表 ほか)


本書の他に、同様の企画で、北朝鮮問題に絞ったもの、そして21世紀に入ってからの話題に焦点をあてたものが出されているようです。

憲法改正について、是か非か、どちらの側に立ってもディベートできるくらいになるまで、本書のようなものを参考にしっかり勉強して下さい。




■ ブログランキング ■

記事が参考になりましたらクリックしていただけるとありがたいです。 

とりあえず二つに絞って上位をねらいます!


(4位)

にほんブログ村 本ブログへ(1位) 


http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】













読売VS朝日―社説対決50年

中央公論新社

詳細










読売vs朝日―社説対決・北朝鮮問題

中央公論新社

詳細










読売vs朝日―21世紀・社説対決

中央公論新社

詳細


 


ブログランキング(1位) (7位) (1位)
  



 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/03(木) 10:56:41|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『死にゆく妻との旅路』 清水久典

 


死にゆく妻との旅路.jpg



連休の谷間に、ヘビーな本で恐縮ですが、のんびりできるお休みだからこそ、家族や夫婦というものをいろいろ感じたり考えさせられたりするものではないでしょうか。


熟年離婚” などというイヤな言葉もすっかり定着してしまった感がありますが…。これは、そんな世相とは対極的な筆者自身の実話です。“いったいこんな人生があるのか” という、正直いまだに私にも消化しきれないようなストーリーでした。当塾の先生に教えていただきました。


筆者の清水久典氏の仕事は縫製業。独立し、自分で工場を経営するまでになりますが、機械化するだけの設備投資も追いつかず、また徐々に中国製の安価な製品におされ、経営は苦しくなってしまいます。高度成長後の典型的な地方の中小・零細企業主だったのです。

ただでさえ厳しい経営環境ですが…、


ある友人の借金の保証人となり、はたから見れば案の定というべきか、その友人は借金を返済しないまま、行方をくらましてしまい、ここから人生が狂いはじめてしまいます。当然、著者は保証人として、友人の借金の返済を求められます。

懸命にもがき、あちらこちらで数百万単位の借金をしながらやりくりしますが、とうとう行き詰まります。税務署からの税金納付の督促などが続き、自分の借金の保証人になってもらった親戚からは、自己破産するように迫られるという状況にまで追い込まれてしまうのです。


そんな折、さらに悪いことは重なり、なんと妻のひとみさんがガンに冒され手術をします。ひとみさんは、まだ40歳という若さ。手術をしてもその結果は、完治どころか、3ヶ月以内に再発する可能性があるという最悪のもの、もちろん治療にもかなりのお金はかかるわけです。


こうなれば、もう“逃げる” か “自殺する” しかない。どちらかの選択に迫られた著者に、ひとみさんはただ 『一緒にいて欲しい』 と。今まで金策に走り回って、ひと月以上も家をるすにすることが珍しくなかった筆者ですが、ことここに及んで、“卑怯と言われてもかまわない” と故郷を捨てる決断をします。


いつ再発するかわからないガンの恐怖をいだきながらも、職探しのために故郷を捨て、夫婦二人のポンコツ車での旅行が始まります。再生のための旅立ちのつもりでしたが、結果は残酷にも死の旅へ出かけてしまったのです。

ふるさと七尾を出発し京都、姫路など関西をめぐり、次に浜松、静岡から甲府、そして富士山と。こうして、ひと月があっという間に過ぎますが、これ以上の遠出もできません。だからといってやはり七尾へは帰ることができず、娘さんの嫁ぎ先のアパートで少し過ごした後はすぐにまた旅に出ます。

ひとみさんが旅のはじめに言ったのは、

「オッサン、これからは名前で呼んでほしいわ」 ひとまわり年下のひとみさんは筆者のことをオッサンと呼びながら、こんなことを口にします。ひとみさんはこれまで、必死に働く、“お母さん” でした。


結局仕事探しもうまくいかず、もちろんお金に困っているこの夫婦には、優雅な旅行を楽しむ余裕などこれっぽっちありません。なけなしの金を手に、ポンコツのワゴン車の中での寝泊り、その食生活など、はたから見れば浮浪者に近い貧乏旅行です。

しかも、不幸なことに病魔は待ってくれませんでした。すでに歩くことさえ困難を極めつつあった奥さんに

「ひとみ、あっちが能登や」 筆者は、故郷近くをそう言います。

いつのまにか再出発の旅は、望郷の、そして思い出作りの旅へとなってしまったようで、筆者がひとみさんにかける何気ない一言が涙を誘います。残されたわずかな時間で何とか心穏やかに楽しい、美しい記憶を残してやりたいという思いが、短いことばの中でもヒシヒシと伝わってきます。

やがて、やせ細り、食べ物を受け付けず、オムツを替えてやりながら会話もなくなります。すべてワゴン車の中のできごとです。とうとう奥さんは旅の最中に亡くなってしまい、筆者は物言わぬその亡骸と向き合うことになります。


自分の最愛の妻が望み、覚悟の上でのできごととはいえ、治療を受けさせなかったのは「保護者遺棄致死」という犯罪ですから、警察に逮捕されてしまいます。


娘に対して、ひとみさんが思いを綴ったひらがなばかりの手紙、奥さんの死を迎えた著者の嘆き、悲しみ、後悔は胸を打ちます。もし治療させてやっていたらどうなったであろうと…。

刑事に手錠をかけられ、きっと普通の人間ならここで、安堵とともにギブアップしそうに思います。妻の近くに早くいきたいと思うのが人情かなと…。でもここで娘さんがお父さんを励まします。「ここから始まる」と…。

その後の著者の行動は、どん底から這い上がろうとする、人間の底力を記したもので、そこから本書が生まれたのです。


文庫で、200ページ程です。ガン治療を拒絶してまで旅に出るという、常識はずれの行動ですから、読む人によっては好き嫌いが分かれるかと思います。間違いなく衝撃を受ける内容です。興味のある方は一読してみて下さい。現在映画化の話まであるようです。 











死にゆく妻との旅路

新潮社

詳細


■ ブログランキング ■


記事が参考になりましたらクリックしていただけるとありがたいです。 


(4位)

にほんブログ村 本ブログへ(1位) 


ブログランキング(1位)


(7位)

(1位)
  
http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】


 


 

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/02(水) 10:56:24|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『賃労働と資本』 カール・マルクス 長谷部文雄(訳)


賃労働と資本.jpg




今日が本当の“メーデー” ですね(笑)。今日も代々木公園で集会があり、道路は大渋滞でした。メーデーの式典が4月と5月1日、別々の日にあるなんて、日本以外にあるんでしょうか。WIKIによると中国などのように、5月1日を祝日としている国もあるようですが、日本では労働運動が分裂している最も象徴的な現象ですね。


さて、マルクスです。本書は日本では昭和13年に発禁になり、戦後再刊されたものだそうです。もちろん私は、社会主義者でも共産主義者でもありません。


が、あえてご紹介するのは、経済学者であり、革命家でもあるマルクスが、思想史的にも非常に重大な影響を及ぼしたのは事実であっても、今の高校生はほとんどマルクスを知らないからです。20世紀最も影響力のあった思想家の一人だと言われているのにもかかわらず。

我々が高校で政治経済を習った頃は、ケインズ と マルクスが一番よく出てきたのですが、今はどうも違うようですね。資本主義VS社会(共産)主義の戦いはケリがついたということでしょうか、あるいはもっと経済が複雑化したということでしょうか。

いまや、あの中国までもが市場経済に移行しつつある中ですから、今さらマルクス経済や共産主義を学ぼうとする人が少なくなるのは当然ですが、世界を動かしたプロレタリア革命の根本的な考えとは何か、やはり知っておいた方が良いだろうと思って取り上げてみました。


マルクスといえば、『資本論』ですが、資本論はとても長く、難解なのだそうです。すみません。私も読んでいません。

本書はその入門書と位置付けられ、全くそういった、社会主義だの経済という学問的知識のない労働者相手にマルクスが演説をした時の内容が下敷きになった一冊で、読みやすくなっています。


わずか110ページほどで、平易な言葉で革命の必要性を説いています。100年以上も前、マルクスはこうして労働者たちに訴えたのかということがわかります。決して古くないなという印象で、勉強になりました。



■ ブログランキング ■


記事が参考になりましたらクリックしていただけるとありがたいです。 


(3位)

にほんブログ村 本ブログへ(1位) 


ブログランキング(1位)


(7位)

(1位)
  
http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】












賃労働と資本

岩波書店

詳細








資本論〈第1巻(上)〉

筑摩書房

詳細

 



 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/05/01(火) 15:43:26|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴールデンウィーク こいのぼり




ゴールデンウィーク 二日目

東京は実にすばらしいお天気でした。





4月29日.jpg
(クリックで拡大します)






こいのぼりコラージュ.jpg





いよいよ5月です。


さぁ、梅雨入り前のさわやかな季節


受験生諸君!夢は大きく、大きく、大きく おおき~く ね!


 


クリックしていただけるとありがたいです。(*^_^*)
   ↓         

(3位) にほんブログ村 本ブログへ(1位) ブログランキング(1位) (9位) (1位)


 

http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/01(火) 03:39:12|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

VIVA読書

Author:VIVA読書
■Gooブログの写しです■

英語講師で学習塾経営者です。

【本】や【英語】【勉強】に関することでしたら、気軽にコメント、トラックバックして下さい。

フリーエリア

powered by Research Artisan

最近の記事

一覧:LIST

全ての記事を表示する

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ検索

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Auther へ MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア



本を読もう!!VIVA読書!【LIST編FC2】



Subscribe to 本を読もう!!VIVA読書!【LIST編FC2】

はてなRSS


ブログ(blog)ならFC2




Google PageRank™

RSSフィード

フリーエリア

ページランクブログ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。