本を読もう!!VIVA読書!【LIST編FC2】

【絵本から専門書まで】塾講師が、生徒やご父母にお薦めの本をご紹介!本体【goo】の書評リスト編です。コメント大歓迎!  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『戦争倫理学』加藤尚武 

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

戦争倫理
イスラエルによる空爆で、子どもたちを含め、非戦闘員の多くの命が奪われています。避難所を空爆するなんて、平和慣れした日本人の感覚ではとても理解できませんよね。憎悪を呼び起こすだけですし、これこそ戦争犯罪じゃないのかと、怒りたくなります。

本書は、アメリカによるアフガニスタン空爆やイラク戦争が歴史的に、倫理的にどう位置づけられるのかの論点を明確にするために、2003年当時に緊急出版された一冊です。

完全平和主義としてカント、平和は人を堕落させると主張するヘーゲル、またマキャべリ、東京裁判で日本無罪論を主張し、戦争は国家の権利であるというパル判事、さらに当時の小林よしのり、西部邁などの考えを紹介、あるいは批判しながら戦争、戦争概念の歴史を振り返ります。

戦争に対して現代人が犯す誤解や善悪二元論の不毛さ、慣れの恐ろしさに警告を発します。

「戦争を論じ、いつか合意を作り出そうというのであれば、その前に互いが了解すべき基本的論点をしっかり確認しなければならない」という明確な意図で書かれています。

なぜ兵士は迷彩服を着たり、派手な軍服を着るのかという具体的、基本的なものから、上述の思想の変化、日本政府の憲法解釈の変化など内容は多岐にわたっています。

筆者も前書きで「戦争について考える上で必要な論点はすべて示したつもり」と述べています。既出の論文などを集めた上で、構成されていますので、全体を通すとやや雑な印象を受けますが、戦争を知らない我々には興味深い指摘が続きます。

加藤氏自身は平和主義者ですが、武力行使が認められる場合はあるという立場です。日本で一番有名な倫理学者だと、加藤氏を紹介しているサイトもありました。

とても、一度で本書のすべてを吸収できたとはいえませんが、戦争に関して考えるいくつかの座標軸のようなものをもらい、今後も参考にするであろう一冊です。



http://tokkun.net/jump.htm 


『戦争倫理学』加藤尚武 
筑摩書房:222P: 735円



■■ いくら何でも避難所空爆は許せません。クリックをお願いします。m(__)m ■■
  ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/31(月) 12:38:14|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『算数パズル[出しっこ問題]傑作選』 仲田紀夫

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

pazzle

『 強育論 』 の宮本哲也先生が作った、『 合格パズル 』 や 『 強育パズル 』 も楽しく、学習効果も大きいと思いますが、本書もそれに劣らない、すばらしい一冊です。

宮本先生のパズルは、主に低学年用に、楽しみながら、算数の基礎力を鍛える、というような狙いだと思いますが、本書は 『 算数オリンピック問題集 』 に見られるような、発想力を伸ばすような内容です。

一見、算数と無関係のような問題文もありますし、算数アレルギーがある生徒も大人も大丈夫でしょう。発想の転換の練習です。夏休みに家族でどうぞ。全部で60問あります。

1問目を紹介しましょう。
【問い】
「正直村」と「うそつき村」があります。正直村の人は本当のことしか言わず、うそつき村の人はうそしか言いません。あなたが着いた村が「正直村」か「うそつき村」かを知るために、あなたは一度だけ、そこの住人に質問ができます。どう尋ねれば良いのでしょうか。

(実はこれ、ある大学の数学の入試問題としても出題されました。ビックリです)

【答え】は…

「あなたはここに住んでいますか?」です。さぁ、どうして、この答えになるか、考えてくださいね。


当教室 の生徒たちにも、評判が良いのですが、これが簡単すぎるという人には、同じシリーズの 『 論理パズル[出しっこ問題]傑作選 』 がありますし、仲田氏には他にも参考になる著作がたくさんあります。

http://tokkun.net/jump.htm


『算数パズル[出しっこ問題]傑作選』仲田紀夫
ブルーバックス:155P:750円


■■ おもしろそう、と思われましたら、クリックをお願いします。m(__)m ■■
    ↓         ↓         ↓
 にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/30(日) 18:24:51|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

『日本はもう中国に謝罪しなくていい』 馬立誠

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

馬立誠


日中関係も、今、最悪だといわれますが、生徒たちに接していて驚くのは、あっという間に、子どもたちの中に、中国嫌いが広まったことです。問題意識の高い子ほど、そうなってしまった印象を持ちます。

きっかけは、靖国問題や教科書ではなく、あの反日デモと、何といってもサッカーアジアカップです。決勝戦は胸のすくような日本の勝利でしたが、やはり中国のファンの応援態度は、日本人にとっては後味が悪く、生徒たちに強い嫌悪感を植え付けたようです。

田中角栄首相のころは、パンダも送られるなど、日中友好ムードは確かにあったと思いますが、今いったい中国政府は日本をどのように自国民に伝えているのでしょうか。筆者は中国“人民日報”の元高級評論委員です。

以前、このブログで書かせていただいた、『 〈反日〉からの脱却 』の著者です。前作で、馬氏は3本の論文を載せ、そのうちの一つで、反日感情を植えつけることは中国の利益につながらないと訴えました。そちらも非常に興味深い一冊でした。

氏の立場上、国の内外で非常に注目を集めた一冊でしたが、本書はさらにその根拠などを明確にしています。本書の原題を訳せば『謝罪を超えて』となるそうです。

現在の中国政府は、一応型どおりに、靖国問題や教科書問題に対してコメントするものの、基本的には日中関係の改善を望んでいるように思えます。『 中国が「反日」を捨てる日 』清水美和 を読んだ後もそう感じました。

日の丸に似たデザインの服を着たアイドルが、ステージから引きずりおろされ、糞尿をかけるなどという事件が起こるようでは、中国は

『ずうたいばかりはでかいが、脳みそは子供のまま』

と痛烈に反日感情を批判します。

国際社会における“謝罪”というものを定義し、天皇や首相を含め、日本は公式に20回以上も謝罪しているとして、そのすべて列挙、その上で、日本に“土下座”を求める愚を指摘します。

そのように国民を教育したのは、間違いなく中国政府に責任があるのですが、毛沢東を含め、小平、李鵬、江沢民など、共産党の歴代の指導者たちに対して一言も批判していないのがまた特徴的です。

日本で話題になり、韓国では有害図書扱いになった『 親日派のための弁明(金完燮) 』のように、自国政府の無知、悪意を暴くという本とは対照的です。アジアカップで暴走しそうな国民を何とかなだめようと必死になっていた、中国政府の考えがわかるような気にさせる一冊です。


http://tokkun.net/jump.htm


『日本はもう中国に謝罪しなくていい』馬立誠
文藝春秋:223P:1500円


■■ おもしろそう、と思われましたら、クリックをお願いします。m(__)m ■■
    ↓         ↓         ↓
 にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/30(日) 13:04:11|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『そして日本が勝つ』日下公人

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

日本が勝つ

今、日韓関係は最悪と言われますが、少し前(2003年)に韓国政府が、12万人もの中高生に行った、意識調査では、日本がダントツの第1位で『 好きな国 』に挙げられています!?当教室メルマガの“データの杜”でも取り上げました。

どういうわけか、このことは、あまり報道されませんでしたが、日本の『 韓流 』より、ひょっとしたら韓国の『日本流』 の方が、すごいかもしれませんね。

“日本が勝つ” というのは、文化の話です。ポケモンやもののけ姫は、韓国だけでなく、世界中で、ミッキーマウスをしのぐ人気を博しました。台湾や香港でも日本のアニメ、コミック、アイドルは大人気だということは知っていましたが、私はそれが不思議でした。

筆者はそういった、子ども用の文化だけでなく、自動車やハイテク装置などを含めて、日本的と思われるものが、世界に広がっているのは、その本質がこだわりの 『芸術品』 だからだと指摘します。

それは、一部の天才だけが持っている特質ではなく、日本人一人ひとりが共有している美意識みたいなものだと。そういえば少し前にご紹介した 『 和魂和才 』 に通じているのかなとも感じます。

“仕上げにこだわる” という日本人の国民性は、中国などの安価な人件費を利用しても、まねできるものではなく、超長期の芸術やその精神史があってこそ可能になるといいます。それがあるのだから、日本経済は心配するどころか、世界の最先端に躍り出ると予言までしています。

実際、本書が出された2004年当時、日経平均株価はたった1万円前後で苦しんでいたのが、今は1万5000円くらいに回復していますから、その点においては、氏の予想は今のところ、当たっているといえますね。

専門書ではありませんので難解な用語もまったくなく、高校生くらいでも、非常におもしろく、気持ちよく読める一冊だと思います(笑)。時々、妙な教育を受けてきたせいか、『日本は嫌い』などと言い切る高校生がいて、びっくりします。そういう生徒もぜひ。



http://tokkun.net/jump.htm 


『そして日本が勝つ』日下公人
PHPソフトウェアグループ:267P:1575円


■■ 今日の教訓は“日本文化に自信を持とう”。クリックをお願いします。m(__)m ■■
     ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/29(土) 11:15:16|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『光と色の100不思議』 桑島幹

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

光と色

虹や オーロラ という自然現象から、リモコンや液晶というハイテクまで、光や色に関する100の話題、疑問を非常に分かりやすく科学的に説明しています。おもしろいですよ。

難しい公式などは一切出てきません。それでいてアインシュタインの 光量子説 などの現代物理や現代の光工学の技術までも取り上げていますので、とても奥が深い本といえます。中学生以上なら、高校生、大人でも十分楽しめる内容に編集されています。さすが、教科書会社ですね。

また、こんな話題も出てきます。『 医師はなぜ手術室では白衣を着ないのか 』 
ご存知でしたか? 実は、赤色(血)を長時間凝視すると、白を見ても青緑色に見えてしまうからで、もし白衣を着ていると自分の手元が青緑色に見えてしまい、手術に集中できないので、先に青色の手術着を着ているそうです。

このような“なるほど” “へ~” と思うことが100も取り上げられていますから、夏休みの研究課題のヒントになるものが見つかると思います。本書の実験が、テレビで紹介されたこともあるそうです。

興味のある人は、本書のHP がありますので、目次 をご覧下さい。いくつかの実験、解説例も出ています。

夏休みですから、こういった本をなるべく、休み前半に、ご紹介したいと考えております。


http://tokkun.net/jump.htm


『光と色の100不思議』桑島幹
東京書籍:242P:1575円


■■ おもしろそう、と思われましたら、クリックをお願いします。m(__)m ■■
    ↓         ↓         ↓
 にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/28(金) 18:16:55|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『日本の戦争力』小川和久

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

戦争力

  
“右の人も左の人も読むべき”と、日経ビジネスで紹介されていました。確かに、本書にはかなりの客観性、説得力があると思います。中国も韓国も誤解しているし、そもそも日本人自身が気付いていない、アメリカだけが知っている自衛隊の本質とは…。

平和のために、平和国家として…、“戦争したらどうなるか”、日本の防衛や、世界の軍事情勢に関して、しっかりデータを元に押さえておくということです。

自衛隊に関して、ごくごく基本から非常に丁寧に、図や表などもふんだんに入れて解説していますので、日本の軍隊が置かれている現状が理解できます。護憲派も改憲派も、政治家も外交官も、軍事に関して正確な知識や常識がないまま、感情論に走っているという現状を憂いているわけです。以下いくつかの観点を紹介します。


【単独では戦争ができない自衛隊】

これは兵器や装備を見れば明らかで、世界最高レベルの掃海技術や警戒システムはあっても、攻める兵器は持っておらず、とても上陸(侵略)作戦などできない。アメリカ軍とのバランス(補完関係)からそうなっている。専守防衛の軍隊構造。中・韓も誤解している。

【アメリカにとっての日本の基地】

アメリカにとって日本の重要性は、はかり知れない。現実問題として、日本の基地がなければアメリカはイラク戦争は戦えない。日本が無事であれば、米本土が破壊されても、軍は戦えるほど。日本は、いやなら“出て行け” と言えるほど、優位な立場にあり、それを外交的に大いに利用すべし。

従って、北朝鮮だけでなく、中国、ロシアからでも、日本に攻撃があれば、アメリカ軍に対する攻撃と同義となるため、アメリカがそれを見過ごすことはありえない。

【北朝鮮の戦力】

とても闘えるしろものではない。ソウルにも日本にもミサイルを打つこともできない。打てば一瞬にしてアメリカ軍がその何倍もの軍事力で反撃するしくみになっている。こわいのは、北の、世界最強の特殊部隊が工作員として潜入して、日本をかく乱させること。すべてを想定、覚悟をしておく必要はある。


他にも、非常に多くの問題に関して、具体的な分析が随所に見られますが、氏は平和主義といっても、単に“平和宣言” などをしても無意味で、平和のために行動する、場合によっては戦うことが必要だという立場です。イラク戦争にも賛成ですし、憲法改正にも賛成です。

したがって、インタビュアーも言っているように、小川氏と同意見ではない人もかなりいるはずです。それはそうでしょう、日本の核武装まで想定しているくだりがあるほどですから(思考実験のように)。

それでも多くの人に読んでいただきたい一冊です。データが豊富ですし、何より考えたり、議論に使ったりする材料がたくさんあります。本書に反論するような、軍事専門家の本も読んでみたい気がします。


http://tokkun.net/jump.htm 


『日本の戦争力』小川和久
アスコム :295P: 1680円

P.S. すかいらいたあさんのブログ では、本書は☆4つでした。ぜひご覧下さい。また、これまでご紹介した、『自衛隊VS北朝鮮』 『兵士に聞け』 『宣戦布告』 などを参考にしていただければ幸いです。



■■ 戦争はダメ!でも考えておくべき。クリックをお願いします。m(__)m ■■
  ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/28(金) 11:47:14|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『さまよう刃』東野圭吾

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

さまよう刃
少年犯罪に関して、残忍さの割に、刑が軽すぎるという指摘は絶えませんね。そして、加害者の人権よりも、被害者やその家族にもっと配慮すべきだという意見が増えていますが、本書のテーマもそれです。

普段、このような小説はあまり読まないのですが、非常に強く生徒から勧められ、また、何かの書評で高く評価していたので読んでみました。

夏休みといえば、我々塾講師は夏期講習で頭が一杯ですが、学校やご家庭からは、子どもの非行に関する心配の声が聞こえてきます。本書でも、事件は、主人公の娘が、花火大会から家に帰る途中に起こります。

一人娘を少年グループに蹂躙され、殺された父親の復讐が描かれています。推理小説ではないので、驚くような仕掛けはあるわけでなく、犯人は最初から分かっていて“極悪人”として描かれます。そしてそれを取り巻く人々、復讐心に理解を示す人、犯人グループのメンバーの親、保身だけを願う人、そして捜査関係者の行動や心理。

劇的なストーリー展開を想像しましたが、淡々と、ただし読者をはなさないように話が流れ、予想したのとは違ったおもしろさを味わいました。二段組になって、350ページほどもある長編でしたが、読み始めたらあっという間でした。

うまく表現できず、もどかしかったので、今、アマゾンをのぞいたら、もう30を越すレビューが出ていました。売れていて、注目度の高い作品だったのですね。生徒が薦めるはずです。話題になった、『容疑者Xの献身』 なども読んでみたい作品です。


http://tokkun.net/jump.htm



『さまよう刃』 東野圭吾
朝日新聞社:361P:1785円


■■ よろしければクリックをお願いいたします m(__)m ■■
  ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/27(木) 20:27:29|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『テレビ報道の正しい見方』草野厚

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

テレビ放送
   
私は安倍晋三の支持者でも何でもありませんが、今回のTBSの一件にはさすがにあきれました。安倍つぶしなんでしょうが、こんな時期に、日経新聞の天皇の発言メモのスクープといい、朝日新聞の広田元首相の遺族の談話といい、何か腑に落ちません。

いくら安倍氏の独走に危機感があるとしても、このTBSのやり方は幼稚というか、卑劣というか…。楽天でも何でも買収されりゃあマシになるかも(笑)とさえ考えてしまいます。

TBSは何度目でしょうか?オウム真理教による、弁護士一家殺人事件のきっかけを作ってしまったという反省はどこへいったのでしょう。

今、調べましたら、
★15年11月 「サンデーモーニング」で、石原都知事の「日韓併合の歴史を100%正当化するつもりはない」という発言を「100%正当化するつもりだ」と字幕を付けて放送。

★18年6月 「ニュース23」が、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「行くべきでないと強く感じているわけではない」と語った米下院国際関係委員長のコメントを、「行くべきではないと強く思っている」との日本語字幕を付けて放送。

そして、今回、明らかに同じ方向に“偶然” “間違えて” います。視聴者をバカにしてますよね。

まだ、こうして問題だと、明確に指摘されるものはましですが、それ以外に、どれだけ世論操作が入っているのかと考えるとぞっとします。

その前は、日テレの視聴率操作も発覚しましたね。アメリカのマスコミではイラク戦争当時、戦争反対の声はいっせいにかき消されてしまい、大規模な『 愛国報道 』がなされたことが話題になりました。

本書はニュース、報道番組はどこまで信頼できるのかを扱っています。私は夜、各局のニュース番組をはしごするのですが、あくまで個人としての感想は、

NHK:面白みに欠ける。ただBSの特集はおもしろい。
日本テレビ(今日のできごと):女性アナが事実を淡々と伝える。むしろ特集が興味深い。
TBS(ニュース23):常に結論ありき。特集も観点が独自。
フジ(ニュースジャパン):右寄りで伝え方が雑。時間も短く掘り下げが少ない。
テレ朝(ニュースステーション):内容はいつもおもしろいが、古館氏(かつては久米氏)と朝日新聞社員のコメントが不要。

本書で草野氏はこれらのニュース番組が、北朝鮮不審船の問題と、ガイドライン、森元首相の神の国発言をどう伝えたかを検証し、報道機関の意図を見抜けるように解説しています。

メディアリタラシーという言葉が最近使われるようになりましたが、その重要性を一層認識させてくれる一冊でした。非常に勉強になりました。ニュース番組をはしごされる方には特にお薦めします。


http://tokkun.net/jump.htm



『テレビ報道の正しい見方』草野厚
PHP研究所:211P:693円


■■ テレビにだまされないぞ!クリックをお願いいたしますm(__)m ■■
  ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/27(木) 11:43:03|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『確実に英語力が上がるシャドーイング&ディクテーション』浅野恵子

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

shadow

大学受験用ではありませんが、かなり良いリスニング教材だと思いますので、紹介します。大学受験生にはちょっとやりすぎになるくらいのレベルです。

つまり、英検準1級以上、トイック、トフル対策用という感じでしょうか。ただ、何かの受験に特化した作りではなく、利用者がより実践で使えるように、いろいろな例文を含みます。

大学受験生が使っても、悪くはないのですが、浅野氏は英語音声学の先生で、やや専門的に過ぎます。また、早口言葉や詩など入試には出そうもないものも含まれているという点、もちろん受験情報などは一切ありませんから、受験生なら以前ご紹介した、“灘高キムタツ先生”のテキストの方がずっと効率が良いでしょう。

ディクテーション(英語を聞いて、そのまま書き取ること)をしてから、シャドーイング(読まれる英語に、まるで影のようにぴったりと付いて遅れずに発音すること)をするという構成ですが、ポイントが明示されていますし、用語解説もこの種のものとしては充分でしょう。

中級から、上級者向けとなっていますが、英文自体は易しいもの(ただし聞き取りにくい)から含まれていますので、リスニングの訓練として、ディクテーションやシャドーイングをしたことのない人には絶好の一冊だと思います。

進め方やディクテーションやシャドーイングの効果などについても、丁寧に解説してありますので、その気になれば、誰でも使えそうです。やる気のある大学生、社会人にお薦めです。

当教室でも、トイック講座に使っています。

http://tokkun.net/jump.htm


『確実に英語力が上がるシャドーイング&ディクテーション』浅野恵子
DHC:172P:1680円

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/26(水) 20:38:29|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

『やさしさの精神病理』大平健

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

やさしさ


「年寄りだとみなされる不快感を与えないように席を譲らないやさしさ」
「だまって返事をしないやさしさ」
「好きでなくても結婚してあげるやさしさ」
「友達には心理的な負担を与えたくないから悩み事を相談しないやさしさ」…

気をつかっているというのは、わかりますが、不可解な「やさしさ」 が若者の間に広がっているというのが、筆者の指摘です。

本人は、それが本当の「やさしさ」 だと心から思っているのですが、“他人のことを思いやる” というより、“感情を害したくない” または逆に“自分が嫌われたくない” という思考回路でしょうか。

筆者は精神科医で、多くの症例で、患者とのやりとりを紹介しています。若者は互いに傷つくことを恐れ、負荷のない人間関係を求めようとするという指摘ですが、これはいろいろな評論家も指摘していることですし、私も生徒を見ていて、“つながっているけれど、それほど関係は深くない” と感じる場面は増えています。

精神的に思いつめた人は、筆者のような専門家に心理的な負担を委ねようとします、が、カウンセラーが「良い人」 だとやはり負担をかけることを回避する人もいるようです。

なにやらややこしい話になってきたなという印象です。ストーリーがありますので、読み物として読んでも面白いのです。「男らしい人」より「やさしい男の人」の方が今はモテるそうです。ハイ。


http://tokkun.net/jump.htm


『やさしさの精神病理』大平健
岩波書店:240P: 819円


P.S. 「真剣に叱ってくれる人が本当に優しい人なんだ!」、ということで、私はいつも生徒たちを本気で叱っております。すごい勢いでしかりますが、やっぱり怒られるのはイヤですよね(笑)。難しい。


■■ 記事に賛同されましたら、クリックをお願いします。m(__)m ■■
  ↓        ↓        ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/26(水) 13:26:21|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『和魂和才』 堂門冬ニ

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

和魂和才

“麻田剛立(あさだごうりゅう)” という人物をご存知でしょうか?ガリレオニュートンアインシュタイン にも劣らぬ江戸時代の大学者、と言ったらおおげさかな?

彼は、暦についての著作しかないために、業績をさぐるのは、弟子たちの著作などから推測するしかなく、彼の業績として確定できないような歯がゆさがあります。

というのも当時、天文学の目的はただ、農民のために正確な暦を作るためだけの“作業”に過ぎず、“学問”とすら見なされていませんでしたから。

幕府の暦に載っていない日食を予言、的中させたことで彼は有名になります。それ以前から西洋では天動説、地動説などをめぐって裁判沙汰になっていましたが、彼は幕府の出した日食の誤りを堂々と二度修正しました。

計算によって正確に日食の日を予想したのは世界初!西洋で計算によって日食が割り出されたのは、その150年後のことだそうですから、世界的偉業です。

ところがです。日本史の教科書には「江戸時代の暦は蘭学を学ぶことで進歩した」などと書いてあります。剛立はオランダ語を読むことすらできなかったんですよ。教科書間違ってますよね(笑)。本人の学問的資料が残っていない悲しさでしょうか。

さらに「惑星の公転周期の2乗は、恒星からの平均距離の3乗に比例する」というケプラーの第3法則と呼ばれるものを独自に理解していたと言われています。この難しそうな法則はニュートンの万有引力へとつながっていくという、現代物理学の大発見で、日本天文学史上最大級の快挙だそうです。

死後、彼の偉業は国際天文学連合によって、月のクレーターに「ASADA」と命名されたことで一部報われました。

この麻田に関連した本を探していたのですが、一般書籍も専門書もアマゾンでは入手不可能でした。古書に当たるしかないのかと思っていたのですが、偶然にも本書の中に江戸時代の偉人として紹介されていました。

うれしいことに麻田剛立に、一番多くのページを割いていました。ここには麻田の女性関係まで触れていて、彼の新しい魅力(笑)に接する思いがしました。

麻田の他には、三浦梅園大原幽学 など5人が取り上げられ、副題は『 世界を超えた江戸の偉人たち』 となっています。いずれ劣らず魅力的で、各人の特徴的なエピソードなどは、会話なども挿入されていて、読みやすくなっています。

気に入った人物を取り上げて、夏休みに自由研究をしてみたらどうでしょうか。


http://tokkun.net/jump.htm



『和魂和才』 堂門冬ニ
PHP研究書:238P:1575円


■■ 少しは参考になったと思われましたら、クリックをお願いいたしますm(__)m ■■
  ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング


テーマ:読書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/25(火) 14:59:44|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『誇りと抵抗』 アルンダティ・ロイ

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

誇り

インドという大国に、ここ数年、ますます注目が集まってきました。IT先進国として、経済が発展すれば、10億の人口があるだけに、底知れぬパワーがあるでしょうし、グローバル化の中で、英語が通じるという強みもあります。

先日は、テレビのサンデープロジェクトでも “インド社会と日本企業” の興味深い経済特集がありました。日本からの投資も急増しているようです。

政治的にも、日本にとっては、中国に対するけん制という意味もあるでしょうし、相性も今のところ、中国よりは良さそうです(笑)。実際、ビジネスや観光でインドを訪れる日本人は増える一方のようです。私もあこがれます。

しかし、政治家やマスコミが喧伝する “発展” や “正義” という言葉の裏には、いつも表に出にくい残酷な現実が隠されています。中国でも地方は悲惨なものだということをよく聞きますよね。

アメリカでの9.11のテロ直後、ノーム・チョムスキー は“アメリカには報復する資格がない” と言って、報復一色に染まっていたアメリカ世論の中で、政府相手に孤独な戦いを繰り広げました。彼は、戦後アメリカが行なった戦争の相手国を列挙することによって、非常に分かりやすくアメリカの本質的な攻撃性を示しました。

インドでは、ブッカー賞 を受けている大物作家である筆者が、現政権に必死の抵抗を続けています。本書で、アメリカの帝国主義的性格がインド社会の腐敗と結託が招いた、残酷な現実をアピールします。ロイ氏の示す未来像では、仮に経済発展が現実のものとなっても、貧富の差の激しいインドでは、最貧層は家、土地を奪われ、文盲のまま放置され、電気や水が供給されず、餓死者は増加するというのです。

外国巨大資本には莫大な富をもたらし、インドの役人が私服を肥やすだけ。巨大ダム建設と電力事業のために立ち退きを求められる住民には、意見を聞かれるどころか、保証金や代替の土地すらなく、建設決定の事実さえ知らされていないというのですから。

世界のダム建設の相当数がインドに集中しているそうですが、すでに建設されたダムを詳しくルポルタージュし、ちょっと信じられないほどの惨状、また環境破壊などのすさまじさも告発します。

本書の序にチョムスキーが、本書とロイ氏を 「屈服と死をひたすら拒絶する」「あっぱれな戦いぶり」だと賞賛しています。

核兵器を持ち、カースト制 もある、日本とはまったくしくみの違う社会ですから、安易に我々の基準で判断できませんし、私はインドについてほとんど知りませんが、 “インドは狂っている”、 正直、そう思わせるほど鮮烈な印象を与える一冊でした。


P.S. 夏期講習 に突入しましたが、力が入ってついつい長くなってしまいました(笑)。夏休みの自由研究で、インドを調べてみたらおもしろいかもよ。

http://tokkun.net/jump.htm


『誇りと抵抗』アルンダティ・ロイ著
集英社:173P:693円


■■ 少しは参考になったと思われましたら、クリックをお願いいたしますm(__)m ■■
  ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/24(月) 19:16:16|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『人生を変える3分間の物語』ミシェル・ピクマル

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

3分

フランスでベストセラーになった、子ども向けの哲学的な本です。

私の高校時代の尊敬する先生は 『私は本を題名で判断する人間を軽蔑します』 と言っておられました。ただ、本書のような題名は、私なら、買わない(先生すいません)。他を探します。みなさんはいかがでしょう?

私の好きなある将棋の棋士が新聞紙上で、本書を薦めていたので、まぁいいかと思って読んでみました。子どもの率直な問いかけに、“哲学先生” が物語で答えるという形式です。

ちょっと脱線しますが…
フランスでは6月が大学入試のスタートです。“バカロレア” という、日本のセンター試験のような制度があり(厳密にはかなり違いますが)、50万人ほどが受験します。そして、理系、文系に関係なく、ほぼ全員、『哲学』 は必修です。しかも問題が半端ではありません。いくつかをご紹介しますと

「時間から逃れることに意味はあるか?」
「身の回りの人間以外に対する義務は存在するか?」
「真実よりも幸福を優先すべきか?」
「文化は普遍的価値を伝えることが出来るか?」 などなど…。

これを4時間かけて小論文にするのです。4時間ですよ!日本の高校生では、特別な訓練をしておかなければ、とても歯が立ちませんね。

さて、本書でも、テーマは親や家族、人生、美、気高さ、などさまざまです。

その中の一つの寓話です。

ある日十匹のカエルが、一生に一度、山のぼりをしようということになり、ふもとに集まりました。 出発したのですが、途中で、うさぎやヤギなどが忠告します。『できっこないよ』 『何年もかかりますよ』 『あまりにも無謀です』 などなどと…。

その度に、何匹かのカエルはあきらめて下山するのですが、とうとう最後の一匹だけが成功してしまいます。ふもとにもどったそのカエルにみんなが聞きます。『どうしてできたの?』 『こわくなかったの?』… するとそのカエルは『何?何?』 と聞き返すばかり。

実はそのカエルは、耳が聞こえないのでした。


http://tokkun.net/jump.htm


『人生を変える3分間の物語』ミシェル・ピクマル
PHP研究所:204P:1418円



■■ 記事にご賛同いただけましたら、下のクリックお願いいたします m(__)m ■■
      ↓      ↓       ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング 

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/23(日) 16:41:59|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

『教師 大村はま96歳の仕事』 大村はま

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

大村はま
          
さまざまな教育関係の書籍の中で、勉強になったものはもちろん数知れずありますが、本書はそれを通り越して、圧倒された一冊です。『 教えることの復権 』 大村はま/苅谷剛彦・夏子著もすばらしい本ですが、本書は迫力が違います。

昨年、98歳でお亡くなりになる前、はま先生が96歳の時で出されたものですが、その当時、子どものために依然として新しい教材を作っている、だけでなく、現役として、みなの前で子ども相手に授業を実践して見せておられます。

先生は指導をする際、生徒一人一人を心をつかむため、全員の誕生日を頭に入れてあります。さらにさらに、彼らをやる気にさせるために、いつでも疑問に答えられるように、学校の図書館にある本、すべてを読んだというのです。ちょっと想像を絶します。

今、世界レベルで グーグルがやろうとしていること を、はま先生は何十年も前に、すでに自分ひとりの頭で発想し、実践したわけです。生徒の興味が沸いた瞬間をのがさない、という意味です。

ゆとり教育に伴う『学力低下』は当たり前である。その原因はシステム以前に“教師が教えることをしないからである” といった指摘、総合的学習を有効に活用するための教員の心得など、学校・塾に関係なく、教師には示唆に富む一冊です。

そして、大村氏に薫陶を与えたのが、あの 『 武士道 』 の 新渡戸稲造先生(東京女子大学、卒業写真) です。こんな超人的先生に比べられたら、私のような塾講師は、ごみ、ホコリのようなものです。従って、本当は親ごさんに読まれると、ちょっとまずいかも(笑)。

一人でも多くの教師や、教師を志す学生に読んでもらいたい一冊ですし、私も日々、特に 夏期講習 など大きなイベントの前に強く意識するのが本書です。少しでも近付きたいと…。


http://tokkun.net/jump.htm


『教師 大村はま96歳の仕事』大村はま
小学館:251P:1890円


■■ 教員も塾講師も、もっと頑張れ!という方、クリックを!m(__)m ■■
     ↓         ↓        ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング 

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/22(土) 17:16:52|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『南十字星に抱かれて』 福冨健一

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

南十字星
 
昭和天皇の、A級戦犯や靖国神社に関するメモが見つかったことが、大きな話題になっています。主要新聞はすべてこのことを社説で取り上げました。それにしても、このタイミングでメモが出てくる事情が知りたいですね。

このブログでは、三土修平氏の『 靖国問題の原点 』 をご紹介しました。非常に緻密に調べて分析をしており、大作と呼べると思います。論点整理もできるのですが、最後、解決策はゆいいつ、首相が参拝をやめるしかない、すべて解決するには、まだ何十年もかかるというもので、“もう少し何かないのかな” と思いました。

本書はまったく逆です。分祀などとんでもないという立場です。こちらも京都大学の中西輝政教授が、「一級の資料的価値のある」 と述べたように、調査はものすごく綿密です。「“凛として死んだBC級戦犯の「遺言」” という副題からもわかるように、B級、C級戦犯とされた人々の記録をもとに、裁判の不当性を訴えたものです。

例えば、ワールドカップで負けると、『A級戦犯は○○だ 』 というような言い方をされるため、誤解している人が多いのですが、A・B・C級というのは罪の重さではなく、種類の違いです。ですから、A級で釈放された人もいれば、B・C級で死刑になった人もいるわけです。(人違いで死刑になってしまった人までいるそうです)

一応、A級が政治指導者、B級が軍部の指導者、C級は犯罪の実行者ということになっていますが、本書によれば、これすらかなり曖昧だということです。日本人を裁いたのは、アメリカ軍、イギリス軍、フランス軍、フィリピン軍、中国(国民政府)軍、オランダ軍、さらに記録が正確ではないのですが、ソ連、中国共産党の対日戦犯裁判もありました。裁判地も数十に及びます。

本書は死刑約千人を含め、裁かれた5千を超える人々の中から、本間雅晴中将と山下奉文中将、後藤大作大尉などを詳しく取り上げます。遺書なども紹介されますが、自らの命を惜しむのではなく、『戦争犯罪人』 の烙印を押されることの無念さがにじみ出ています。残される家族はもちろん、日本の将来を心配しているわけです。

実際に戦犯とされてしまった人々のその後の生活は悲惨だったようです。就職を拒否されたり、婚約解消、村八分などなど…。当時、これらの裁判に批判的な声はアメリカ内部にも相当あったにもかかわらず、それが報道されず、現在まで戦犯として扱われている人々に対する無念さが筆者から感じられます。
         
明らかに不備な裁判で、自分が無実だと主張しながらも、死んでいく姿は、涙を誘います。筆者は、自虐史観を痛烈に批判していますが、では日本国内の戦争責任の所在は?ということになると、触れられていません。そこを書いていただきたかったと思います。


http://tokkun.net/jump.htm


『南十字星に抱かれて』 福冨健一
講談社:270P:1600円

■■ 記事にご賛同いただけましたら、クリックをお願いいたしますm(__)m ■■
  →         →         →
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング 

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/21(金) 19:49:50|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

『TBS・フジテレビ・テレビ朝日合同企画 祝!結成40周年記念 コント55号 傑作コント集 永久保存版』

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

コント55号
【号外のようなもの】

欽ちゃん球団の解散には、驚きました。何か本を探して紹介しようにも、関連したものがないので、思い切って…、DVDです。わたくし、テレビドラマや映画、DVDなどほとんど見ないのですが、このDVDと、ドリフターズと落語のDVDは持ってます。ハハ。

生徒が見ていたら、ちょっと、いや、かなり、はずかしい…。『こら!じじくさいって言うな!』

どんなもんだろうと、おそるおそる自分の小学生の子どもに見せたら、大うけ。子どもが調子に乗って友だち数人に見せても大うけ!◎◎トンボさんより健全かな。

テレビ局3局が合同で企画する、こんなコメディアンの歴史に燦然と輝く、欽ちゃんが、あんなどうしようない事件で、野球チームを解散させるとは…。組織の上に立っている人の潔さ、どこかの国の中央銀行総裁と(質は違いますが)対照的です。


http://tokkun.net/jump.htm


『TBS・フジテレビ・テレビ朝日合同企画 祝!結成40周年記念 コント55号 傑作コント集 永久保存版』
ポニーキャニオン:7980円


■■ 記事にご賛同いただけましたら、クリックをお願いいたしますm(__)m ■■
  にほんブログ村 本ブログへ   ブログランキング 

テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い

  1. 2006/07/21(金) 14:10:54|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

LIST 完成

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■




このブログをはじめて、ほぼ半年、その間、記事の数も250ほどになりました。一覧があれば便利だと、ブロガーさんから、要望をいただきましたが、 goo ブログの中では、文字制限があり、素人ではうまくできませんでした。

そこで、当教室のHPの一部に、EXCEL のファイルで、記事のリストを置きましたので、よろしければご覧下さい。WEB上のエクセルですので、普通のものと機能がやや異なるそうです。コピーアンドペーストで、自分のエクセルに落とせば良いのだそうです。

■■■  本を読もう!!VIVA読書!LIST 【記事一覧  ■■■

まだ改善の余地や、他の方法もありそうです。いろいろ指摘していただければ幸いです。


★★★ 半年の雑感と今後 ★★★

半年前までは、“えっと、グログ?ブロッグ?何?ブロックだっけ、あの日記みたいなやつ?” と仲間に聞いていた身ですから、こうしてランキングの1位まで、押し上げていただくとは、実に幸運で、仲間やブロガーのみなさんに感謝、感謝です。

何といっても、いろいろな方と、日々のコミュニケーションができることに驚きましたし、こんなに多くの方に見ていただけるものかと感心し、“読んだらおもしろかった” と言われれば、舞い上がるほどうれしかったです。

それが何よりの継続の原動力でした。HPではとてもこうはいきませんでした。コメントを頂戴した皆さん、本当に励まされました。また、コメントせずともご覧になっていただいた方もありがとうございました。


●● ランクアップも大変、大きなエネルギーでした。

まぁ、もう少し続けてみろという方、クリックをお願いいたします ●●
   ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/20(木) 22:04:38|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『魂がふるえるとき―心に残る物語 』宮本輝

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

宮本

さぁ、夏休み!生徒諸君、たくさん本を読んで下さい!当教室のメルマガも毎年8月は、読書特集です。このブログでも、古典的名作を紹介しようということで、一冊よい本を見つけました。ただし、高校生以上かな。これは文春文庫創刊30周年記念企画としてできあがった本です。

学校の “朝の読書” 活動の成果でしょうか、個人的には、少し前に比べて、子どもたちは、本を読むようになっているという印象を持っています。まぁ学力低下が改善されたというところまでは、いっていませんが…(見てたらゴメン。がんばろう!)。

宮本輝氏がかつて読み、“魂をふるわされた” 短編小説の名作を16編選び、収録しています。宮本輝の選ぶ“ 日本文学秀作選” です。ハリーポッターやダ・ヴィンチ・コードもいいけど、少々難しい、こういう本も、夏休みにぜひチャレンジを。

掲載されている作品の著者は、開高健 水上勉 吉行淳之介 川端康成 永井龍男 堀田善衛 安岡章太郎 井上靖 武田泰淳 尾崎一雄 幸田露伴 永井荷風 川端康成 国木田独歩 樋口一葉 泉鏡花 の16名です。

何人かは知っているでしょう。中には文体が古くて、読みにくいものもあります。ですが、全体が375Pで16編ですから、平均はたった20ページちょっと。何とか、最後まで読むことが出来るでしょう。

が、いつも言うように、おもしろくなければ途中でやめても構いません。また全てを読まなくとも、面白そうな作品だけを読むのもOK! ただし、やめても、大事に取っておいて下さい。こういう本に興味があって買う人は、すぐ近くに置いておけば、かならずいつか手に取ることがあります。

えっ、受験生はどうするかって?もちろん、先生と一緒に熱い 夏期講習 !買って、しまっておきなさい。読書より先に宿題するに決まってるでしょ(笑)。

■■ よ~し、この夏、勉強するぞ、本読むぞという人、クリックを m(__)m ■■
      →にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング 

http://tokkun.net/jump.htm

『魂がふるえるとき―心に残る物語 』宮本輝
文藝春秋:375P:570円


P.S. 以前、こんなことがありました。もちろん実話です。

■ 生徒A 『 芥川賞は19歳の人がとったんだってな。凄いよな』
■ 生徒B 『 え?いいの?だってまだ未成年じゃん』
■ 生徒A 『 年は関係ないよ。才能があるから取ったんだし、いいんじゃない』
■ 生徒B 『 でも法律で禁止されてるんでしょ?』
■ 生徒A 『 それはないだろう!大体お前、芥川賞って何か分かってんの?』
■ 生徒B 『 え???競馬じゃないの???』

ついでにもういっちょう、シリーズ川端君、まずはその1
■ 講師 『 君は、川端康成、知ってるかな?』
■ 生徒 『 あっ、ひょっとして昨日、ここに座ってた子?』
(座ってないってば!)

川端君その2
■ 講師 『 最近は知らない生徒が多いけど…お前、川端康成知ってるか?』
■ 生徒 『 知ってますよ、もう!バカにしないで』
■ 講師 『 あ、悪かった、でもホントか?ここの生徒じゃないぞ』
■ 生徒 『 や~だ、あったりまえじゃん、え~っとぉ “伊勢”の踊り子でしょ?』
■ 講師 『 い・いせ?』
(はやく、千円札にのっけてあげないと…)

当教室メルマガの中から、傑作を選んでまいりました(笑)。もっと見たい方はスットコブログへどうぞ!



読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/20(木) 15:24:30|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『新ネットワーク思考』アルバート=ラズロ・バラバシ

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

新ネットワーク
灘高のキムタツ先生 からのコメントで、私が二日前にご紹介した 『 社会調査のウソ 』 の著者、谷岡先生は、“灘の野球部つながり” でキムタツ先生のお知り合いだとわかりました。 

『 またお逢いしたらVIVAさんが取り上げてくださったことをお伝えしておきますね 』 とコメントいただき、感激するのと同時に、本書を思い出しました。時代の大きなテーマ、“ネットワーク” を扱った、大変おもしろい一冊です。

VIVA ――――【 キムタツ先生 】―――― 谷岡先生 

キムタツ先生一人をはさんで、私と谷岡先生がつながりました。もちろんまったく谷岡先生を私は存じ上げませんが、キムタツ先生がハブ(中心・中核)的な役割を果たしたということになります。

こうして、ネットワークを専門的に研究してみると、世界の見知らぬ誰とでも、あいだに、たった6人の知り合いがいれば到達するということがわかってきました。

普通この種のことを漠然とアンケートで尋ねると100人くらいという答えが多いのだそうです。試しに小泉首相と私の間に何人の人が入るかなと数えてみましたが、すぐに思いついた“つながり” では、二人を介せばつながりました。友人に自民党代議士の秘書をしていた人間がいるので。

VIVA――――【秘書をしていた友人】―【その代議士】――――小泉首相 

というわけです。しかし、自分でも驚いたのですが、さらに、よ~く考えると、別のルートが、いくつもありました。すべて、たった1人または2人を介するだけで。

そして小泉首相は “ブッシュ大統領” と仲良し、“金正日” とも会っていますから、小泉首相という特大のハブがあるおかげで、私も世界中へつながることができます。みなさんも、よろしければ試してください。

また、時々コメントくださる、廣淵先生 はカダフィー大佐やポールマッカートニー、故レーガン大統領に単独インタビューされています。つまり超特大のハブへつながっていますから、確かにまだまだ、すごいところへつながりそうです。ビンラディンやエリザベス女王でも、誰でも…。

VIVA ―――― 【 廣淵先生 】―――― カダフィー大佐 or ポールマッカートニー

さて、そのことから何ができるのでしょう。筆者は、人のつながりだけでなく、細胞、病気、電力、道路、そして、何よりも現代のインターネットなど、人以外のつながりに関しても非常に興味深いことを教えてくれます。

エイズやサーズなど、伝染病の感染を食い止めるにはどうするか。“ハブを押さえればよい” というようなことが…。電力供給網、道路網整備におけるバランスなどいろいろな分野でこの知識が活かせるのだということがわかります。

以前ご紹介した『 つながりの科学 』 とも関連しています。また、『 グーグル・Google 』 など検索エンジンも、このしくみを駆使しているようです。

素人でも、最先端科学が楽しめる内容で、もう一度最初から読もうという気にさせてくれる、読みやすく、勉強にもなる良書だと思います。


http://tokkun.net/jump.htm



『新ネットワーク思考』アルバート=ラズロ・バラバシ
NHK出版:368P:1995円


■■ 記事にご賛同いただけましたら、下のクリックお願いいたします m(__)m ■■
     → → →にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング 

読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト北朝鮮家族旅行趣味ネットワーク金正日イギリス

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/19(水) 19:03:18|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『沈黙は金曜日』 永六輔

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

沈黙



本の表紙を、何度確認しても、“永六輔” とちゃんと書いてあるのですが、なんと!まえがき、あとがきも含めて、永六輔の言葉は一つも入っていません。それがわかった瞬間、『何だよ!こんな本作って!ひとをバカにしている!』 と本気で、捨ててやろうかと思いました(笑)。

私は知りませんでしたが、永六輔氏が週刊誌で連載している『無名人語録』 というようなコーナーがあり、有名人でなく無名人のおもしろい発言を紹介しているそうで、本書はそれをまとめて本を作ってしまったというわけです。

よく見ないで買った私が悪いのだから、まぁ少し読んでみようと読み始めるとなかなかおもしろい言葉も多く、徐々に怒りはおさまりました(笑)。いくつか抜き出してみます。

『落ちこぼれの子はいません。落ちこぼれの親と落ちこぼれの先生に育てられた子はいます』
『神戸の人が言うてましたで、遠くの政府より近くのヤクザやて』
『人間、大声を出すと思考能力が落ちるのです。だから歌手にはバカが多いんです』
『平成の平は、平壌の平。平成の成は、金日成の成。これは黙っていてください』
『家の近所の“山本かつら店”が、最近“日本ヘアシステム”って店になったの。そしたら流行っちゃって大変』
『売られたらケンカは買いますよ。売られたら体も買いますよ』

と、まぁ、こんな調子です。決して上品な本ではありませんが、川柳でも読んでいるような気がしてきます。ブログがこれだけ盛り上がってきていますが、こんなところにその素地があったのかな~と感じました。とにかく、意表を付かれた一冊でもあります。

お薦めとは、絶対に申しませんが(笑)、たまには息抜きの一冊で、世の中にはこんな本もあって、それをまた買って、ブログで紹介するヤツがいるんですね~というお話でした(笑)。


http://tokkun.net/jump.htm


『沈黙は金曜日』 永六輔
飛鳥新書:220P:1260円


■■ まぁ気を落とさずにがんばれという方、どうかよろしくお願いしますm(__)m。■■
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログへ   ブログランキング

読書書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト趣味自然夏休み

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/18(火) 18:24:07|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『社会調査のウソ』谷岡一郎

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

社会調査のうそ
   
 『日本は北朝鮮に対抗するために、すぐに核兵器を持つべきだ』 

という主張の人が、仮にその支持を求めてアンケート調査をしたとします。もちろん実際には過半数の国民は反対ですが、調査にさまざまな仕掛けを施すと、真実とは逆の『国民は核武装を望んでいる』 という調査結果を作り出せてしまいます。

本書は実際に、新聞などに出される、調査、アンケートの類にはそうした“ゴミ”がたくさん含まれていると主張します。

これからの時期、ポスト小泉だけでなく、緊迫してきた北朝鮮問題や、憲法改正など、さまざまなところで、大げさに世論調査の結果が発表されるでしょうが、本書を読むと、とても額面とおりに受け取ることはできません。

手始めにこんなアンケートを紹介しています。アメリカの元大統領4人、カーター、レーガン、ニクソン、フォードと並べて人気投票をし、カーターが圧勝しましたが、非常に単純なしかけがあり、最初からカーターが勝つのは分かっていると言います。

しかけとは、カーター以外はみな共和党なので、民主党支持者は普通カーターに入れざるを得ない。つまり、カーターを勝たせるためのしくまれたアンケート調査だというわけです。

また、朝日新聞は護憲派、読売新聞は憲法改正を主張しています。どちらも憲法改正に関するアンケートを実施していますが、結果に大きな違いが出ています。その仕掛けはアンケートの問い方にあります。両社のアンケートの問い方を並べて批評を加えたところは圧巻でした。

はっきり言えば両社とも、公平を装って、実は世論操作をしているということになります。他にも、メディア、特に大新聞が自分の主張を裏付けるために行う、デタラメ・ヤラセ調査を糾弾します。メディアリテラシー、中でもリサーチリテラシーが今こそ必要です。

「働く女性の6割、職場で性的被害」 とか 「自衛隊『必要』84%」 はいくら何でも数字が高すぎますが、やはりトリックがあるのです。本当に読んでいてあきません。筆者は、仮に依頼されれば、自分でどんな結果のアンケートだろうと作れてしまうとすら考えているようです。

『 論理トレーニング101題 』 でも朝日新聞の記事を用いて、その論理のでたらめさをご紹介しました。『 子どもが減って何が悪いか! 』 の赤川学氏は、『女性の社会進出が進んでいる国ほど、出生率が高い』 というデータのうそを、見事に見破りましたが、その中でも、本書について触れ、“名著” だと絶賛していました。

そのとおりだと思います。ぜひお読み下さい。


http://tokkun.net/jump.htm


『社会調査のウソ』谷岡一郎
文藝春秋:222P:725円:


■■ 記事にご賛同いただけましたら、クリックをお願いいたしますm(__)m ■■
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログへ   ブログランキング 


読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト家族

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/17(月) 18:34:08|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

『 なぜ人を殺してはいけないのか? 』永井均 VS 小泉義之

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

なぜ
『もういいよ、聞きたくない』 と思うほど、殺人事件が連日、テレビ、新聞で報道されます。

数年前 「朝まで生テレビ」 という番組で、中学生がコメンテーターに対し、「なぜ人を殺してはいけないのですか?」 と疑問を投げかけ、一流の論客たちを驚かせたということがあったそうです。

私も塾の生徒から、『 なぜ勉強するの? 大学に行かなきゃ行けないの? 』 はよく聞かれますが、さすがに、殺人について聞かれたことはありません。

ただ、哲学的な疑問を持っている生徒は、毎年、一定割合はいるように感じています。自分の子どもや、生徒にそう問われたら、いったい何と答えれば良いのでしょうか。
『バカなこと言ってんじゃない!そんなこと当たり前だろ!』 では納得できないから、そもそも、そういう問いが出てくるんでしょうから。

本書は全部で三章の構成です。“人気哲学者” のお二人が各一章を書き、もう一章はお二人の対談形式です。対談というよりバトル、はっきりいえばけんかです。双方、気合充分、好戦的です。一方が「殺すべきだ」 と挑発すれば、他方はより根源的な問いかけをします。

が、この対談の章は、私には議論がかみ合っているようには思えませんでした。対談以外の、各々が別々に書かれた内容のほうがずっと読みやすく、私はどちらかといえば永井氏の考えに惹かれます。

仮に中学生が『なぜ人を殺してはいけないのか』 と聞いてきたら何と答えますか?永井氏は、少なくとも、以下のように学校の先生方は答えて欲しいそうです。

『君の問いはまったく正当な問いであり、そういう問いをどこまでもまっすぐに、常識と妥協させずに、とことん理詰めで探求する、哲学という領域がある。それは学習すべき学問なのではなく、自分自身でするものなのだ。そしてそれこそが本来の学問なのだ。だから本当は、他のあらゆる学問は、そういう問いと、それに基づく君自身の探求とに支えられて、はじめて意味を持つのだ。だから、君がそういう疑問を持ったなら、君ははじめて本当の学問ができる端緒に立ったんだ』


http://tokkun.net/jump.htm


『 なぜ人を殺してはいけないのか? 』永井均 VS 小泉義之
河出書房新社:148P:1470円


■■ 記事にご賛同いただけましたら、ご協力お願いいたします。クリックしますと、このブログの人気ランキングが上がります ■■
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング 

読書小説書籍・雑誌ニュースbook

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/07/16(日) 19:00:40|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『グーグルーGoogle 』佐々木俊尚

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■

google

数日前、このブログをご覧になった、ある大学院生から、私の書いた 『ニートって言うな 』 の記事をご自分の修士論文の一次資料あるいは、参考文献として引用してよいかという問い合わせをメールでいただきました。

いったい、どういうことですかとお聞きしますと、私の記事がすばらしいというわけでは、ぜんぜんなく(残念ながら(笑))、その方の論文と私の記事における論の進め方、例示(ゲーム脳など) が酷似していたのだそうです。

つまり、素人がマスコミに頼らずに、ウェブ進化論などで語られる、情報の横つながりによって、自分の頭で考えようとする連帯が、現実にブログで起こっている。そこで私が書いた、当たり前の 「マスコミ主導で大きな風潮が作られるときには、やはり一歩引いて慎重に考える姿勢が必要です」 と書いたことがポイントのようです。(間違っているかもしれません)

『 ウェブ進化論 』 をご紹介したときに、英語に関していつもコメントを下さる Kaoruさん から、『VIVAさんが今やっているのも十分にWeb 2.0ですよw』 とクールにコメントいただき、 『ワオ!そうか、最先端、かっこいいぜ!』 と一瞬思いましたが、実はその意味はまったくわかっておりませんでした(ハハ…)。

本書を読んで何となくわかりました。現在進行形で、大きく世の中が変わりつつあるんだという実感です。そして、それを可能にしているのが、ブログと検索エンジン、なかでも、今は本書で扱うグーグルなんですね。

ウェブ進化論が “富の再分配” など概念的な意味あいや、アマゾンなど象徴的な大企業に関して述べているのに対し、本書はさらに、現実的で身近な広告の例を挙げて、世の中が変わるさまを地道に取材しています。

デジタルディバイドと言われますが、筆者のような方が、本書のような書き方でそのギャップを埋めていただけるのは、素人には実にありがたいです。私のようなネットの世界に“遅れている人種” にとって、誇張でなく、“世に資する” 貴重な一冊だと感じました。

こういう分かりやすい一冊を、何とか教育現場に持ち込めないかぁ~とも思います。格差(ディバイド)が問題になる中、大きなヒントを与えてくれると思います。

いや、もっと早く読むべきでした。

http://tokkun.net/jump.htm


『グーグルーGoogle 』佐々木俊尚
文藝春秋:248P:798円


■■ 記事にご賛同いただけましたら、ご協力お願いいたします。クリックしますと、このブログの人気ランキングが上がります ■■
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング 

読書小説書籍・雑誌ニュースbookサッカーおすすめサイト北朝鮮テポドン家族自衛隊旅行趣味


テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/16(日) 00:33:15|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『灘高キムタツの東大英語リーディング』木村達哉

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■
東大

待望の、灘高キムタツこと、木村達哉先生の東大英語リーディングが発売されました。『東大英語リスニング』が高い完成度を誇っていましたので、注目していました。

本書、東大英語リーディングでは、リスニング以上に、“東大” に特化しています。すべて東大の出題形式に合わせ、しかもそれぞれの問題形式の難易度を、本試験と同程度、それより易しいもの、本試験以上と3タイプに分けるほどの徹底振りです。

従って、当然使える生徒も絞られます。東大を冠するに恥じないレベルを維持しており、同じカリスマ英語教師といわれる、竹岡広信先生の『 超難関突破!解ける!英語長文 』 と好対照です。竹岡先生のテキストでは、英文はとても易しく、短くし、解説に紙幅を割いていましたが、やはりセンター試験レベルという印象を持ちました。本書はまるっきり逆です。

英文も長く、ハイレベルです。文法解説も限られていますから、基礎力がないと使いこなせません (使いこなせない人は私が教えますから当教室へどうぞ!(笑))。要するに、本書では、文法、構文解説を省いてでも、多くの英文を読ませようという意図があることは間違いないでしょう。

さて、本文に使われていて、目に付いた難しい単語を無作為に10個あげてみましょう。

whizz:pester:cryonics:venison:braids:flimsy:batch:slouch:averse:adamant

いかがでしょう。これらの単語の意味がすらすら言える受験生はほぼ皆無でしょう。このテキストではこういうものが容赦なく出てきます。

で、ポイントはここなのですが、本書の主張は、『こんな単語は知らなくても良い。未知の単語は誰にもあるし、本番の東大入試でも遭遇するだろう。ただ、難しい単語を知らなくても得点できる方法は、このようにいくらでもある』 そんな感じでしょうか。

戦略的な読み方を披露し、本試験以上のレベルのものまで、解き方を伝授しているわけです。パラグラフリーディングやディスコースマーカーなどですね。時間配分にいたるまで、細かく指示します。このあたりは丁寧で、私立上位校受験者にも通読させたい内容です。

(一点だけ:P45の解説に(8) 【 any とあるので複数形にする】、とありますが、【 are があるので】 としていただきたい)

CDは付いていませんから、ぜひ東大リスニングと併用して欲しいですね。(もう一点:アルクに言って、一つだけでもいいので、キムタツリスニング日記 からでもログインして、購入した人は住所氏名などを記入の上、音声ファイルがダウンロードできるなんていのはどうでしょうかね。みんなiPod持ってるでしょ?)

それはさておき…、やれば、飛躍的に力は付くでしょう。しかし、問題は一人でやり切れるかどうかでしょうね。この問題集で、キムタツ(失礼)は本書文中の優しい言葉とは裏腹に、まるで『どうだい、このレベルの英文と互角に戦えるかな 』 と東大志望者を挑発しているかのようです。

じっくりやるなら、夏休みからでないと間に合わないでしょう。明日からの連休中にでも、書店で手に取り、最高峰への道の険しさにひるんで、他を探すか、あるいは、この強敵との戦いにあえて挑むのか、じっくり見てください。トップレベルを目指すなら、チャレンジしたら良いでしょう。


ついでにもう一つ。まぁ、考えてみてください。東大を受験する生徒は毎年、1万人程度(前期)しかいません。センター試験なら50万人以上います。どっちを対象に参考書を書いたら得か、小学生でもわかるでしょう。あえて究極の参考書を作ろうとしたキムタツ先生のチャレンジスピリットが立派、そして見事に作り上げた実力にも敬意を表します。


http://tokkun.net/jump.htm


『灘高キムタツの東大英語リーディング』木村達哉
アルク:228P:2310円


P.S.  例によって本書には、東大生インタビューもあります。受験生は読みたがるんですよね。赤本の特派員通信とか…(笑)。我々、塾講師は読まないし、時には不適切なアドバイスがあります(合格した高揚感からついつい…)から、『正直いらない、その分、解説にまわして』 と書こうかどうしようか、ずいぶん迷いました。ところがですよ、本書には私と同じ高校を卒業した東大生、つまり後輩が出ているではありませんか!キムタツ先生がインタビューしているではありませんか!しかもその彼女、良いこと言っているじゃないですか!私もついつい読みましたね~(笑)。



せっかくですから、今日はキムタツ風でやってみましょう。

■■ VIVA読書ガンバレ!と思ってくださる方は、愛のクリックをよろしくお願いします。■■m(__)mありがとう!  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログへ 

 

ブログランキング 読書書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト趣味自然夏休み英語東大リスニングリーディングセンター試験ドラゴン桜


テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/15(土) 01:31:08|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『お金持ちなのになぜか借金だらけの国ニッポン』財部誠一

■■ gooブログ 本を読もう!!VIVA読書!の写しです ■■
 
お金持ち
ゼロ金利が解除されました。これはとっても大きなニュースなので、この機会に高校生以上の生徒たちには、少しでも経済に興味をもってもらいたいなぁと思います。これからはどんな職業でも、基本的な経済の知識は不可欠でしょうから。

金利が上がるということは、お金を預けている人にとっては、貯金の利息が増えますが、逆にお金を借りている人は、支払う利子が増えてしまいますね。経済は、いつも片方によければ、たいていもう片方には悪い、そんなものばかりで、ややこしいです。

さて、『僕はお金なんか借りてないから関係ないよ』 って言いたいところですが、残念でした。実は、借りていて、いつか必ず払うんですね。『誰にも借りてないってば!』 そう、君が直接、借りていなくても、日本という国が借金していますから、結局、のちのち、我々国民が、税金などの形で、支払わなければならないんですね。よくテレビで『子や孫にツケをまわさない』 というのはそういう意味なんですよ。

で、その額ですが、日本の借金は国地方合わせて700兆円とも1000兆円ともいわれます。700兆を一億人で割ると一人当たり何と700万円も借金しています。えっ、4人家族?すると2800万円の返済ですね。『知らない間に許せねぇ~!』 そうなんです。税金の使われ方は、よく見ておかないと、大変なことになっちゃう。

でも上がったのは、たった0.25%でしょ?という声もありそうですが、100兆円の借金の利息が0.25%増えると、1年で余分に2500億円も増えるんですよ。一日にするとだいたい6億円ですか。一分に直すと約40万円、たった1分ですよ、しかも今回上がった利息分だけ。

ではこれを見てください。→ http://www.takarabe-hrj.co.jp/clock.htm

筆者の財部さんが作って有名になった借金時計です。刻々と国の借金が利息で膨らんでいるのが分かります。誰か止めてくれ~!と叫びたくなるでしょう。

ところがです。一方で日本は世界一の外貨準備高や対外資産を保有しているから大丈夫という政治家や経済学者もいます。いったいどう考えればよいのでしょうか。そのあたりのことが本当に分かりやすく書かれています。

新聞などの経済記事がよく分からないという方のための入門書です。これから政経を学ぼうという生徒にも最適ではないでしょうか。ついでに…、個人向け国債はおきて破りのこの上ない安全商品だそうです。


http://tokkun.net/jump.htm


『お金持ちなのになぜか借金だらけの国ニッポン』財部誠一
中経出版:221P:1575円


■■『借金減らそう』というかた、今日も、できましたらクリックをお願いいたします■■
にほんブログ村 本ブログへ おかげさまで、こちらは何とか1位です。ありがたいことです。
 壁がめちゃくちゃ厚い。ふ~。
ブログランキング ここも気が抜けなし…。

読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト家族旅行趣味自然植物夏休み自由研究 国債日銀年金税金消費税

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/14(金) 19:30:09|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

『論理トレーニング101題』 野矢茂樹

■このブログは gooブログ 【 本を読もう!!VIVA読書!】 の写しです■

論理学101
  
本来は大学の『論理学』で使用する教科書ですが、ただ読むだけであれば中学生でも充分読めますし、少し興味があれば、楽しくて“やみつきになる”可能性さえあると思います。

著者は、“この本の問題を解けば解いた分だけ論理の力が付くことを保証する” と言い切っています。国語の問題のような、数学の証明練習のような、一風変わった教科書です。

同じように、大学の教科書として出した斬新な前著「論理トレーニング」が好評であったため、一般の人でも楽しめて、しかも論理の力がつくように改良し、問題集という形式で出版されたものです。(前著は楽しめるタイプのものではありません)

哲学者であり数学者でもある野矢氏は、別の著書で「自分が論理学を始めてみると殊の外おもしろいことに気付いた」 と述べています。また、筆者自身にユーモアのセンスがあるため、記述がおもしろいのです。お堅い学問をやっている方だとはちょっと考えられないほど、読者を笑わせるのです(本書では相当控えています)。

問題の一つを引用してみましょう。男性でもトイレで座って小用を足す人たちが増えたことに対する朝日新聞の記事 (2000年3月26日朝刊) からです。以下の文のどこがおかしいのかじっくり考えてください。

【問】:【 次の文章のおかしな点を指摘せよ 】**********************

「清潔はビョ-キだ」 の著書がある東京医科歯科大の藤田紘一郎教授(寄生虫学) も、座り派の増加について「清潔志向が行きすぎてアンバランスになってしまっている」 と指摘する。「出たばかりの小便は雑菌もほとんどない。その意味では水と同じくらいきれいだ。何で小便を毛嫌いするのか。ばい菌やにおいを退けすぎて、逆に生物としての人間本来の力を失いかけている一つの表れでないといいのですが」

********************************************************

いかがでしょうか。すぐにわかれば相当論理的な思考の持ち主です。筆者の指摘の要点はこんな感じでしょうか。勝手にまとめますと…

小便が水同様きれいだからといって、こぼれたら拭くのが当たり前。床に水がこぼれているのと同じこと。毛嫌いではない。こぼしたくないのだ。シャツにコーヒーをこぼした人がコーヒーに雑菌がほとんど無いからといってそのままにするだろうか、

更に詳しい解説、厳しい批判が本書に出ているのですが、要するに「この文は勢いで読ませるもので、理論はむちゃくちゃである。平気でこういう記事を書く新聞も問題だが、それ以上にこの文章を違和感無く読んでしまう我々こそ問題である」ということになります。

おもしろそうだと思いませんか?

ついでに申し上げますと、英語学習では特に、論理性が重要なのですが、わかっていない高校生が多いですね。このことは、大御所の渡部昇一先生も以前から、「国語で論理を教えるべき」と指摘しておられますし、最近では、ドラゴン桜だけでなく、灘高キムタツ こと木村達哉先生や、竹岡広信 先生も、ご自分の参考書の中で、かなり強調されています。

というわけで、高校生にもお薦めです。当教室 でも時々これで遊んでいます。


http://tokkun.net/jump.htm


『論理トレーニング101題』野矢茂樹
産業図書:182P:2100円


P.S. 書き終わってしまいました。
ということは、“本書を読んだ私”は、論理的な力が付いているはずだし、この文章も、それが発揮されていなければおかしい。論理的にはそうですよね(笑)。もし↑の文が、論理的でなければ、それは私の問題の解き方が雑なせいであって、本書が悪いのではございません。判断はみなさまにお任せです!

■■まぁ論理的である、と思われたら、ご協力下さい(笑)。■■

にほんブログ村 本ブログへ ありがとうございます。1位です。
 強豪のぶあつい壁に挑戦中です。あとおしを!
ブログランキング 後ろから来た!
読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/13(木) 18:04:36|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『痛快!ローマ学』塩野七生

■このブログは gooブログ 【 本を読もう!!VIVA読書!】 の写しです■ ローマ

イタリアの優勝で幕を閉じたワールドカップ。やはり鉄壁の守備は健在で、“歴史のあるチーム”の強さが印象的でした。

先にご紹介した、『 君主論 』のマキャベリに関する著作や、全15巻の『ローマ人の物語』 など、魅力的な著作がたくさんある、塩野七生氏もサッカーファンだとは知りませんでした。本書は通常の氏の本とは、かなり趣が異なるつくりです。

私も知らずにネットで購入したのですが、B5サイズの大型です。美しい風景、迫力のある歴代の英雄などの写真などがふんだんに使われ、すぐにでもローマに行きたくなるような魅力的な本です。人によっては、ローマ人の物語15巻分をぐっと凝縮した本、と形容しています。

古代ギリシアの模倣といわれたローマ帝国が、模倣だけで1000年も続くのかという、10代のころの疑問を、半世紀たった今でも追い続けていると、塩野氏は語っています。

なぜローマ、特にローマの男たちにそれほど惹かれるのか、それを思うままに語った本です。歴史書というより、歴史やローマの魅力をわかりやすく解説した本です。私のような歴史を知らない人間にはうってつけの入門書ではないでしょうか。 

そしてローマ史から見た今の日本を語ります。偉大な作家や歴史家が語る現在というのはいつも洞察に富み、新しい視点を与えてくれます。歴史から学べとよく言われますが、本書では随所にそういうエッセー風の記述があり、本書の魅力の一つです。

最後には、ギリシア・ローマの英雄たちで、サッカーのドリームチームまで作って“遊んで”います。イタリアにいれば嫌でもサッカー通になるのだそうです。

塩野監督の攻撃型チームのツートップは、破壊力抜群のハンニバルとアレクサンダー大王、守備方チームでは司令塔にカエサル、ツートップはアントニウスとダキアだそうです(笑)。

旅行ガイドブックのような構成で、勉強にもなり、大変楽しませてくれる一冊です。



http://tokkun.net/jump.htm


『痛快!ローマ学』塩野七生
集英社インターナショナル:219P:1785円


■記事にご賛同いただけましたら、ご協力ください■

にほんブログ村 本ブログへ おかげさまで、こちらは何とか1位です。ありがとうございます。
 5位まで来ましたが、さすがに、ここからは一歩一歩です。
ブログランキング 静的リンクって?

読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト家族旅行趣味ローマイタリアドイツフランス

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/12(水) 19:28:40|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『植物はなぜ5000年も生きるのか』鈴木英治

■このブログは gooブログ 【 本を読もう!!VIVA読書!】 の写しです■ 植物5000

 実に印象深い一冊です。夏休みに 海や山に出かけられる方、ぜひ出発前にご一読されたらいかがでしょう。

アメリカでは最近、理科の授業で、ダーウィンなどの進化論だけでなく、宗教的なもの、つまり“神(創造主)” が地球を作ったのだという考え方も教えようとする動きが盛んです。“サルの子孫”じゃイヤだというわけですが、みなさんはどう思われますか。

本書の副題は “寿命からみた動物と植物の違い” です。動物も植物も細胞からできており、ともに進化していますが、人間の寿命はせいぜい100年ですね。150歳の人はいません。

ところが世界の巨木には1000年以上生きているものはざらで、中には5000年ほどのものもあるそうです。植物の生命とは、どのようにして生まれ、寿命とは何かを科学的に説明している本なのです。

巨木を礼賛する書物は多くあるでしょうが、本書のような本をはじめて読みました。

■ 世界でもっとも長寿な動物と樹木は?
■ 植物と動物の細胞ではどちらが長生きか?
■ なぜ植物のクローンは簡単で、動物は難しいか?
■ なぜ針葉樹は広葉樹より長生きな種が多いか?

動植物がともに「生物」 であると感じられるような一冊です。私は、勉強の“生物”は、謙遜でもなんでもなく、本当に、まったく、完全な “無知” ですが、本書を読んだ後は、興奮して(笑)、ずうずうしくも著者の鈴木先生(鹿児島大学理学部地球環境学科) にメールを出して、無知丸出しの質問をしてしまいました。今、思い出しても赤面します(笑)。(3年ほど前ですが…)


以下が私のさせていただいた質問の一部です。

>鈴木先生は本書の2章の中で、「原始の地球と同じ環境の星があり、同じだけの年数
>が経過したとしても、人間型の宇宙人が生活している可能性はほとんどありません」
>と述べておられます。
>
>それは、広大な宇宙の中を想定して、人間型生物は存在しないであろうという実感を
>もっていらっしゃるのですか。あるいは…

先生からの、ご返信を無断でこちらに掲載するわけには、参りませんが、驚いたことに、素人のぶしつけな質問に対して、鈴木先生は、参考書籍の紹介などもまじえ、非常に丁寧にご回答を寄せて下さいました。

調子に乗ってその後も数度、やりとりをさせていただきました。今でも深く感謝しております。そういうお人柄からでしょうか、実に読みやすく、また読者の興味を喚起するような文章です。しかも、生徒さんなら、夏休みの自由研究に使えそうな話題がいっぱいです。私のような生物嫌いな人間までも、強くひきつけてしまう良書だと思います。



http://tokkun.net/jump.htm


『植物はなぜ5000年も生きるのか』鈴木英治
講談社:236P:924円

P.S. それにしても、何百年、何千年という単位から見ると、我々人間の日々のいさかいなど、取るに足らないことだという気がしてきます。


■■ まさに取るに足らないことですが(笑)もし記事にご賛同いただけましたら、よろしくお願いいたします ■■
にほんブログ村 本ブログへ 何とか1位です。
 なんと5位に!おそれおおいです。ありがとうございます。
ブログランキング 

読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト家族旅行趣味自然植物夏休み自由研究

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/11(火) 15:51:19|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『アメリカの歴史教科書が教える日本の戦争』高濱賛

■このブログは gooブログ 【 本を読もう!!VIVA読書!】 の写しです■
アメリカ教科書
本当に教科書問題はいつのまにか、国際問題になってしまいましたね。相変わらず、扶桑社の教科書に対しては、読みもしないで中国や韓国が反論してくる。内政干渉だ!と言いたいんですが、その前にちょっと待って…、せめて読んで(笑)。一方新しい教科書を作る会の方は、最近は内紛が云々と報道されました。

教科書の内容ではなく、完全に、政治問題化してしまったので、取り上げたくてもちょっとひるみます。こちらでは以前、『教科書採択の真相』 と、『「新しい歴史教科書」の絶版を勧告する 』 と一冊ずつ公平に取り上げました。

(このブログが参加している“人気ブログランキング”の読書のカテゴリーでも、1位、2位の方々は、読書というより、政治ランキングのようになっています。→ (押すと投票になります))


本書は、日本の教科書問題を取り上げつつ、では、日本に原爆を落とし、パールハーバーなどという映画を作って喜んでいるアメリカでは、日本やヒロシマについて、どう教えているのかを紹介します。

非常にユニークな一冊で、私は本書を読んで、教科書事情が、かくも違うものかと驚き、なぜそうなのかという説明に、なるほどと感心しました。

筆者によれば、そもそも歴史教育とは 「国家の死活的問題」 であり、歴史教科書はその 「秘密兵器」 で、何でもオープンなアメリカでさえ、外国人である著者が、長年アメリカに住んでいたにもかかわらず、アメリカの歴史教科書を手に入れることは、困難を極めたそうです。

“乱暴者のアメリカ” から想像されるより、はるかに公平な見方でした。ただ、そうなったのは割と最近のことで、当然、現在権力を持っている層の年代の受けた教育とは異なることもきちんと説明してくれます。ブッシュ大統領が子どもだったころの教科書の解説などまであります。

田原総一朗氏は本書をこう推薦しています。

『なぜ、これまでこの巨大な穴を誰も埋めなかったのか?アメリカの原爆投下を、正当化しようと努め、77年以降それがなくなった。なぜなのか?こうした事実が次々に出て来る。面白い、というより、アメリカ人を知る上で、必読の書である』

絶賛していますが、私も、教科書に関心のある方にとっては、本書はかなり良い本だと思います。


http://tokkun.net/jump.htm


『アメリカの歴史教科書が教える日本の戦争』高濱賛
アスコム:294P:1785円



■ 記事に賛同いただけましたら、ご協力下さい。お願いします ■

にほんブログ村 本ブログへ 
 過去最高の6位でした。ありがとうございます。
ブログランキング こちらも1位に押し上げていただきました。ありがとうございます。読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト家族旅行趣味ニート就職フリーターアルバイト失業



テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/10(月) 17:38:49|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『君主論』マキアヴェリ(池田康 訳)

■このブログは gooブログ 【 本を読もう!!VIVA読書!】 の写しです■
君主論
わかりやすい 『君主論』 の新訳が出たと、友人から聞いて読んでみました。また、ある人から、『もうちょっと古典を紹介して』 と言われました(笑)。

学生時代に君主論だけでなく、政策論などを読みましたが、インパクトがあったというのは覚えていますが、とても難解で、内容を理解したとは言えませんでした。外国の古典を読むとなると、まずこちらの歴史的教養を試されているようで、なかなか手が出せません。

マキアヴェリについても、君主論そのものからではなく、それを解説した日本人の本で、マキアヴェリを理解していたように思います。

本書はすでに何種類も出ている訳書の中でも際立って、読みやすく書かれておりお薦めできます。他のものだと、失礼ながらこれは日本語か?と思わせるほどのものもあったように記憶しています。250ページほどの厚さですが、本文は半分くらいで、残りはすべて注釈です。

もう一つ、外国の古典を読むときの難点は、本文をいったん離れて注釈を読むことのわずらわしさですよね。本書の注釈は非常に読みやすいですし、訳がこなれているために特に注釈を無視してでもマキアヴェリの言いたいことは理解できるのではないでしょうか。

権謀術数の元祖のように言われますが、当時の君主が間違わないように、また民衆が君主にだまされないようにという知恵が詰まった一冊で、申し上げるまでもなく、現代社会にもそのまま使える名著だと思います。多くの人に読んで欲しいですね。

昔、会田雄次だと思うのですが、何かの著書の中で、なぜ日本人はこうも戦略がないのかと嘆いたあと、 “日本の政治家はもっと古典を読むべきで、欧米の指導者だけでなく、イラクのフセインであれ、金正日であれ、君主論や孫子など、暗記するほど読んでいる” と指摘していたのを覚えています。


http://tokkun.net/jump.htm


『君主論』マキアヴェリ(池田康 訳)
中央公論新社:244P:820円


■■ もし記事にご賛同いただけましたら、ご協力お願いいたします ■■
にほんブログ村 本ブログへ
 
ブログランキング



テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/07/09(日) 23:56:27|
  2. gooブログのコピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

VIVA読書

Author:VIVA読書
■Gooブログの写しです■

英語講師で学習塾経営者です。

【本】や【英語】【勉強】に関することでしたら、気軽にコメント、トラックバックして下さい。

フリーエリア

powered by Research Artisan

最近の記事

一覧:LIST

全ての記事を表示する

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ検索

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Auther へ MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア



本を読もう!!VIVA読書!【LIST編FC2】



Subscribe to 本を読もう!!VIVA読書!【LIST編FC2】

はてなRSS


ブログ(blog)ならFC2




Google PageRank™

RSSフィード

フリーエリア

ページランクブログ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。